収入証明不要 カードローン 即日融資の借り入れはこちら

収入証明不要のカードローンでお金をすぐに借りるには?

収入証明不要

急にお金が必要ですぐに準備しないと!!
でも、収入証明書って市役所でもすぐに発行してくれないし、役所に行く時間もかかります。
会社に源泉徴収票をお願いしても数日は必要、、、。

 

それでは間に合いわない!!

 

収入証明書を準備するのって面倒くさいですよね。
時間がないからはやくお金を借りたいという時に、収入証明書がないと借りられないのでは?
そんなことはありません。収入証明がなしても借りられるカードローンがあります。

 

消費者金融で収入証明不要で借りられるカードローンがあるんです。収入証明書とは、お金を借りる本人の収入を証明する公的な書類のことで、サラリーマンなら「源泉徴収票」、個人事業主の方だと「確定申告書」がそうです。
でもすぐにお金を借りたいと思った時に、収入証明書を準備するのも面倒だし、第一、今お金が欲しいのにそういった時に限ってすぐに見つかりませんよね。
個人事業主の人であれば役所に行って書類を発行してもらうなんて忙しくてできません。
でも、100万円以下収入証明不要といったカードローンがあるのです。

 

 

収入証明不要でも融資可能な銀行カードローンだけをここでご紹介しています!

 

収入証明がいらないカードローンはこちら

プロミスなら借入限度額が500万円まで収入証明不要です。
ちょっとお金を借りたいそんな時はキャッシングでお金を借りるのが便利ですよね。返す見込みが立っているのであればプロミスがいいでしょう。ネット申込みで契約手続きも完了するため来店する必要なくお金が借りられます。

WEB契約で当日振込も可能です。プロミスでは、審査をクリアしたその日の借入れにも対応しています。平日14時までにWEB契約完了で当日振込可能です。 即日振込してもらえるのはとても大きな魅力ですよね。

プロミス 収入証明不要

レイクは言わずと知れた大手の金融会社。100万円までの借入れなら収入証明書は不要です。

「借入額が5万円まで180日間無利息」「借入額の全額30日間無利息」の2つの無利息キャッシングが選べるのはレイクだけです。

 

平日14時までの申込み手続きと必要書類(運転免許または健康保険証等)の確認の完了で、即日融資が可能ですから急いでいる人にもおすすめ!

 

審査のスピードも早く、担保・保証人も不要です。全国のレイクATM(カードローン専用ATM)や新生銀行ATMでの利用することができます。

レイク 収入証明不要

アコム

アコムはTVコマーシャルでもおなじみですから知名度はバツグン。業界大手だから安心感がありますよね。
アコムなら借入額が50万円を超えない場合、他社を含めた借入総額が100万円を超えない場合には収入証明書は不要です。
3秒診断や融資のスピード、豊富なATMなど充実したサービスが整っています。
アコムは利用可能場所と時間はとにかく豊富。パート・アルバイトの方でも一定の収入があれば審査の上、融資可能です。
最短30分で審査結果を知らせてくれます(あなたが指定した電話へ審査結果を伝えてくれます)。もちろん、アコムも来店不要で即日振込みも可能!全国のアコムの支店やATM(24時間年中無休)、銀行でいつでも利用できます。※提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

アコム 収入証明不要

【カードローンのメリット】

50万円や100万円までといった借り入れなら収入証明が不要
Web申し込みで最短で翌日で融資可能
金利が安い
保証人・担保・口座開設不要です

といったカードローンがあります。おすすめのカードローンをランキングにしました!
急なお金の用意ができるのは以下のカードローンになります。

カードローンを利用する流れ

銀行カードローンや消費者金融での審査から融資までの流れは、今はインターネット上で、申し込みで済ませる方法が主流になってきています。
もちろん、スマホからも同様です。

 

ネット申込みのメリットは、来店の必要がなく、審査や融資も手軽に行えるという点があります。しかも、郵送などの手間がかからりません。

 

審査はそれぞれの金融機関の公式ページから、個人情報を入力することから始まります。
銀行の場合だと審査の後、契約書を含む必要書類が金融会社から後日郵送されます。

 

消費者金融の場合は審査を簡易診断で判断してくれるところもあり、数秒で申し込みから審査の流れが済むというサービスもあります。
融資についても即日融資サービスがあれば、審査が完了し、本人確認ができれば指定口座に融資額を振り込んでもらえます。

 

銀行カードローンの場合は流れがもう少し複雑です。必要書類に必要事項を記入して返送します。その後、契約書控えとローンカードが郵送されるようになっています。それからでないと借入は出来ません。
銀行での即日振込サービスを使用するには、同じ銀行に総合口座を持っている必要があります。もしあなたが銀行ローンを借りたいと思い、融資を急ぐなら、総合口座を持っていて即日振込サービスのある銀行を選ぶと良いでしょう。

 

収入証明不要のカードローンでも申し込む前に以下の書類を用意しておきましょう。

・健康保険証

・パスポート
・自動車免許証

 

↓こちらのブックマークボタンで登録しておけば後からでも確認できます。↓

キャッシングの限度額について

消費者金融で収入証明不要なキャッシングはいくつか紹介しましたが、キャッシングには限度額があります。
キャッシングの限度額は気になるものですが、現行、大手銀行系で300万円までというのが基本です。
ただ、借入可能な額となると100万円になります。消費者金融やカードローンは、無担保、無保証融資なので、100万円が限界です。
つまり、実際の限度額いっぱいの300万円を新規で融資するところはまずありません。
つまり、キャッシングの限度額は、上限だけでは判断できず、通常の利用使途の新規貸付で、50万〜100万円の間が妥当ということになります。
また、最近、貸金業法により、上限金利の引き下げと総量規制が導入されています。
総量規制とは年収の3分の1以上の借入を原則禁止としたものです。要するに、年収300万円の人は100万円までしか借り入れできないということです。
キャッシングの場合、申込をすると、必ず借入限度額が定められます
。限度額というのは、まさに、その金額まで融資してくれるという上限額を指します。
借入限度額は利用者の要望も受け入れられますが、最終的には審査で決められることになります。限度額が大きくなるほど、借入金利も安くなるので、大きな限度額を獲得すれば、キャッシングでは有利に借りることができます。

収入証明不要でも審査はあります

キャッシングをする際は、必ず審査があります。
それはその人に貸して、きちんと返済してもらえるかどうかを確認する為のテストのようなものです。
お金を貸すのですから当然の行為とも言えますね。
しかし安定した収入や勤め先がない人は、大体がこの審査で落ちます。
返済能力がないと考えられるからです。
この審査で落ちた人は、他の消費者金融や銀行なども回ると思いますが、大体のところはやはり落ちてしまうでしょう。
そんな時に目につくのが、審査なしのキャッシングではないでしょうか?
よく道端などで張り紙を見かけませんか?
その張り紙には、「即日融資」「審査なし」「保証人不要」などの甘い言葉ばかりが書かれていると思います。
そんな言葉につられて電話をかける人も多いと思いますが、その番号はほとんどが闇金と思ってください。
お金がすぐに必要で、少しくらいだったらいいやと思って借りる人は世の中にたくさんいます。
しかしそういった人のほとんどが法外な利息を突き付けられて、返せなくなっているのです。
返せない間にどんどん利息は膨らみ、気付いた時には借りた額の何倍にもなっているということもよくあります。
甘い言葉に惹かれるのはしょうがないことですが、借りる際は充分に気をつけて借りるようにしましょう。
ここで紹介するカードローンはいずれも大手で信用のある会社です。このような信用の高い会社でお金を借りるようにしましょう。

キャッシングに必要な書類

原則として、お金をキャッシングで借りる場合は身分を証明する書類が必要になります。
例えば、キャッシングで50万円以上のお金を借りるという場合には注意が必要で、収入証明書というカテゴリの書類が必要になります(各カードローンの公式ページをご参照ください)。
この収入証明書とはどういったものなのかというと、主に給与明細や源泉徴収表、確定申告書といった書類です。
個人事業主の方であれば確定申告書が必要になることが多いでしょう。
また、専業主婦(専業主夫)がキャッシングを利用するという場合には、これに加えて、旦那さんの収入証明書と同意書が必要になる場合があります。
銀行系のカードローンでは必要ない場合もありますが、消費者金融等でのキャッシングでは必要な書類ですから確認しておきましょう。

カードローンとフリーローンの違いは?

ローンにも種類があります。その中でカードローンと言うサービスもあればフリーローンというサービスもあります。
この二つのローンはどのような所で違ってくるのでしょうか。
そこをしっかり確認しておきましょう。
まず、カードローンとは限度額の範囲内で借入可能額が残っていれば、何度でも借りることができるようになっているローンになります。
これに対して、フリーローンとは返済を続けて利用枠が出てもまた新たに狩りだすことができなくなっているローンになります。
つまり、カードローンは返済をしておけば再び利用ですることができるローンになっていますがフリーローンは最初から借入限度額が定額で決められており、使い切ったらもう返済しても借り入れることが出来ないローンと言う事です。
また借り入れる方法も異なってきます。カードローンは基本的には利用限度額内で好きな分だけ借りることができるようになっていますがフリーローンは利用限度額を一括に借り入れて後は返済するだけのローンとなっています。
このように、かなりカードローンとフリーローンでは意味合いが異なってくるようです。